未来を考える本

「AI vs. 教科書が読めない子供たち」新井紀子 | AIに代替されない人材に必要なのは、読解力。

こんにちは、オカダです(@Kada_Se)

技術革新が目覚ましい現代。最近はAI(人工知能)にも興味があります。
しかし、AIが発達すると、どんな風に世界が変わるのでしょうか。

AIが世界を豊かにしてくれる?
それとも、AIは人間よりも賢くなって、仕事を奪ってしまう?

もしかすると、AIが発達して、人類を滅ぼすこともあるのでは…!?

そんな未来も思いうかべてましたが、この本を読む限り、どうやらそれは杞憂のようです。
ヨカッタヨカッタ。

…そう思っておりましたが、もっと深刻なことが学校教育の場で起こっているようです。

 

AI vs. 教科書が読めない子どもたち ってどんな本?

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。
しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!
これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか?AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。
しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。
AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。
では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。
-amazon内容紹介より-

「東大に合格できるAIは生み出せるのか」というプロジェクト、「東ロボくん」のことをご存知の方も多いと思います。
本書は、その東ロボくんの生みの親、新井紀子氏によるAI論です。

第一章、第二章では東ロボくんがいかにして進歩していったのかを紹介し、第三章では全国の読解力調査で明らかになった、学校教育の問題点について書かれています。

AIは東大には入れない、でもMARCHや関関同立には入れる。

AIは東大に入れるぐらい進歩してるの!?

いいえ、東大に入るだけの学力は身につけていません。
それどころか、東大に入ることは不可能だ、と本書で断じられています。

東ロボくんは様々なビックデータ解析や検索を動員して、数学や世界史といった分野で好成績を収めることはできます。しかし、文脈を理解する必要のある、英語や国語といった分野には大きな壁が存在しているからです。(この辺りは本書で詳しく解説されています。)

しかし、様々な模試を受験し、東ロボくんはMARCHや関関同立の合格圏内に入っています。

これが何を意味しているかというと、毎年50万人近くが受験するセンター入試で、上位20%に東ロボくんが入ったということです。

ホワイトカラーを目指す若者の、中央値どころか平均値をAIが大きく上回った。この先、労働市場はどうなるのか。どうすれば、東ロボくんに負けた80%の子どもたちに明るい未来を提供できるのか。そのことと真剣に向き合わなければならない、そう決意しました。
-p62より-

いや、これを見て本当に驚きました。東ロボくん、お前マジか、と。
MARCHや関関同立というと、第一志望に設定されることも多い大学です。
その大学に入学するための学力を、AIが上回っている。

AIに負けない人材にはどうやってなればいいの!?

AIが不得意なことは子供たちも不得意!?

AIは私たちの大きなライバルになる。ならば、AIにできないことを人間はやっていけばいいと思いました。
AIはコンピューターであり、計算機です。計算は得意でも、応用力や柔軟性、発想力はありません。
AIにできない仕事というと、コミュニケーション能力が必要とされる仕事や、クリエイティブな仕事が挙げられます。

そう思いましたが、本書を読んでいるととんでもないことが分かりました。
なんと、日本の中高生の読解力は危機的状況にあるというのです。

結論を先に申し上げますと、日本の中高生の読解力は危機的と言ってよい状況にあります。その多くは中学校の教科書の記述を正確に読み取ることができていません。
ーp172よりー

んなあほな

そう思いましたが、どうやら本当のようです。
著者は、読解力・文章把握力を測るためにRSTというテストを開発し、それを全国の中高生に解いてもらいました。

例えば、その中にこんな問題があります。①と②は同じ意味の文章でしょうか。

①「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた。」
②「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた。」

答えは×です。①と②は警備を命じた主体が逆になっています。
しかし、なんと半数の学生がこの文章を同じだと判断したというのです。

読解はAIが苦手とする分野の一つです。しかし、それが中高生の段階で見についていないとなると、将来AIに代替される労働力となってしまう可能性があります。

AIと共存する未来に必要なのは教育

このテストの目的は、読解力のない学生をあぶり出して矯正することではありません。

読解力は生きていくうえで、コミュニケーション能力や問題把握力の基盤となります。
そのような力が不足していると何が困るかというと、私は自分の好きなことに対して向き合えなくなることだと思いました。

インターネットの発達で、いわゆるサラリーマン的な生き方だけではなく、個人事業主として働いたり、好きなこと(ゲーム配信とか!)で生計を立てたり、多様な生き方が尊重されるようになってきたと思っています。

大学を卒業して企業に入る・入らないに関わらず、読解力はその人が好きなことを活かして生きていくうえで、非常に重要だと思っています。

そのためにも、AIと共存してよりよく生きるために、教育の充実、特に読解力の向上は急務と考えざるを得ません。

AIを知らない人にも読んでほしい一冊

複雑になってしまいがちなAIの話を噛み砕いて、一般の人にもわかりやすく説明している良書だと感じました。

AIと共存するために、まずは人間がその柔軟性を発揮することが今後の世界に必要になってきます。

AIとはどういうものなのかを知りたい人にも、AIがもたらす問題点について知りたい人にもオススメの一冊です。